猫の読書録

活字中毒者眠猫が
読んだ本の紹介、感想などを書いています。

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

    • 「魔女モティ」柏葉幸子
      机上庵方寸を目指す輩の独り言 (10/01)
    • 「南仏プロヴァンスの12か月」ピーター・メイル
      メディヘン3 (09/18)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      慧の本箱 (08/15)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      KIMIKOMA Weblog (08/12)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      The Light of the World (08/08)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      Breezy days (08/07)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      混乱と反省の日々 (08/06)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      take a break (08/04)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      てらブログ (08/03)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      やっぱり本が好き (08/03)

りんく



本好きぴーぷる



にほんブログ村 本ブログへ

ブログパーツ

SEARCH

OTHERS




みんなのブログポータル JUGEM

<< たらいまわし・本のTB企画 第22回「サヨナラだけが人生か? グッドバイの文学」 | main | たらいまわし・本のTB企画 第23回「笑う門には福来たる! “笑”の文学」 >>

スポンサーサイト

2006.10.03 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています


| スポンサードリンク | - | - | - |

「枠物語ファンタジイ」教えてください

2006.03.24 Friday 12:26

物語の中でまた物語が語られる、「枠物語」と呼ばれるファンタジーに最近はまっています。
でも、探してもなかなか見つからないので、
「こんなのもあるよ、これもお勧めだよ」というのを知っている方、ぜひぜひ教えてください読書

今まで読んだのは↓

「ドールの庭」パウル・ビーヘル
「不思議を売る男」ジェラルディン・マコーリアン
「幽霊の恋人たち」アン・ローレンス
「ささやかな魔法の物語」村山早紀
「アラビアの夜の種族」古田日出男
「夜物語」ラフィク・シャミ
「冷たい心臓」ヴィルヘルム・ハウフ
「箱の中の海」樹川さとみ
「アラビアン・ナイトメア」ロバート・アーウィン
「りんご畑のマーティン・ピピン」ファージョン
「パラダイス・モーテル」エリック・マコーマック

これから読むリスト
「床下の小人たち」メアリー・ノートン
「クルミわりとネズミの王さま」ホフマン
「セバスチャン・ナイトの真実の生涯」ウラジミール・ナボコフ
「サラゴサ手稿」ヤン・ポトツキ
「新カンタベリー物語」ジャン・レー
「霊応ゲーム」パトリック・レドモンド
「怪奇クラブ」アーサー・マッケン
「ガストン・ルルーの恐怖夜話」ガストン・ルルー
「ペルシーレス」ミゲル・デ・セルバンテス


| nemurineko342 | 閑話 | comments(7) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

2006.10.03 Tuesday 12:26


| スポンサードリンク | - | - | - |


| | | | |

COMMENTS

kazuou (2006/03/26 12:23 AM)

枠物語ですか。とっさには思い浮かばないけれど、思い出したものをいくつか。
ウラジミール・ナボコフ『セバスチャン・ナイトの真実の生涯』講談社文芸文庫
エリック・マコーマック『パラダイス・モーテル』東京創元社
ヤン・ポトツキ『サラゴサ手稿』国書刊行会
ジャン・レー『新カンタベリー物語』創元推理文庫
パトリック・レドモンド『霊応ゲーム』早川書房
キアラン・カーソン『琥珀捕り』東京創元社

空猫 (2006/03/27 11:42 AM)

kazuouさん、こんなにたくさん教えてくださってありがとうございます。
さっそく読んでみますねー(*^^*)

kazuou (2006/03/27 8:23 PM)

またいくつか思い出したので追加しちゃいます。

アーサー・マッケン『怪奇クラブ』創元推理文庫
フェリペ・アルファウ『ロコス亭の奇妙な人々』東京創元社
ガストン・ルルー『ガストン・ルルーの恐怖夜話』創元推理文庫
ミゲル・デ・セルバンテス『ペルシーレス』ちくま文庫

とくに『ペルシーレス』は波瀾万丈でオススメです。

空猫 (2006/03/29 10:59 AM)

題名からして面白そうな本ばかりですね。
「ペルシーレス」ですか、メモメモφ(..)
「パラダイス・モーテル」を読み始めたんですが、序盤から惹きこまれています(^^)

(2006/04/19 2:36 PM)

こんにちは。
ファンタジーというとダイアナ・ウィンジョーンズが真っ先に浮かびます。
枠物語、というのですか。。
「パラダイス・モーテル」ってずっと前に読んだ気がするのですが、詳しい内容を思い出せません><。。
「ベルシーレス」私もφ(・ェ・o)~メモメモ
ありがとうございます^^

リラ (2006/04/19 2:39 PM)

すみません。上のコメントはリラです。

眠猫 (2006/04/25 1:29 PM)

リラさん、遅レスでごめんなさい。
ダイアナ・ウィン・ジョーンズも最近は邦訳がいっぱいでていますよね(^^)
やっぱり映画化の影響でしょうか。










TRACKBACK

url: http://nemurineko342.jugem.jp/trackback/42
<<new | top | old>>
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

RECOMMEND

異形コレクション

Powerd by fun9.net

MOBILE

qrcode

その他


SPONSORED