猫の読書録

活字中毒者眠猫が
読んだ本の紹介、感想などを書いています。

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

    • 「魔女モティ」柏葉幸子
      机上庵方寸を目指す輩の独り言 (10/01)
    • 「南仏プロヴァンスの12か月」ピーター・メイル
      メディヘン3 (09/18)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      慧の本箱 (08/15)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      KIMIKOMA Weblog (08/12)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      The Light of the World (08/08)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      Breezy days (08/07)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      混乱と反省の日々 (08/06)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      take a break (08/04)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      てらブログ (08/03)
    • たらいまわし本のTB企画第26回 『 本に登場する魅惑の人々 』 (人気ランキング付き)
      やっぱり本が好き (08/03)

りんく



本好きぴーぷる



にほんブログ村 本ブログへ

ブログパーツ

SEARCH

OTHERS




みんなのブログポータル JUGEM

<< 「にんきもののほん」森絵都 | main | 夏休み中に読みたい積読本リスト >>

スポンサーサイト

2006.10.03 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています


| スポンサードリンク | - | - | - |

「黒い時計の旅」スティーブ・エリクソン

2006.07.27 Thursday 12:36

内容(「BOOK」データベースより)
仮に第二次大戦でドイツが敗けず、ヒトラーがまだ死んでいなかったら…。ヒトラーの私設ポルノグラファーになった男を物語の中心に据え、現実の二十世紀と幻のそれとの複雑なからみ合いを瞠目すべき幻視力で描き出した傑作。


ドイツが敗けず、ヒトラーが死ななかった20世紀と現実の20世紀の間を振り子のように揺れ動く物語。
翻訳が柴田元幸さんというのが気になって読みはじめたんですが、
かなり楽しめました。
2段組でかなりびっしりとしているので最初は読みにくいかもしれないけれど、すぐに物語の中に引き込まれていきます。
ヒトラーのためにポルノグラフィーを書く男バニング・ジェーンライト、
ロシア人亡命者のデーニアとその息子マーク、
それぞれが語る物語がだんだんと結びつき、絡み合って
ひとつの20世紀を作り上げていきます。
霧の中をさまよい歩くような不思議な小説です。
黒い時計の旅
黒い時計の旅


| nemurineko342 | - | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

2006.10.03 Tuesday 12:36


| スポンサードリンク | - | - | - |


| | | | |

COMMENTS










TRACKBACK

url: http://nemurineko342.jugem.jp/trackback/58
<<new | top | old>>
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

RECOMMEND

異形コレクション

Powerd by fun9.net

MOBILE

qrcode

その他


SPONSORED